WordPress

【Googleアドセンス申請】2種類のサイトマップ設置しておこう【SEO効果あり】

Googleアドセンスの審査用にサイトマップがあった方がいいみたいだけど、どうすればいいかイマイチ分かりません。

このような疑問に答えます。

先日、Googleアドセンス申請のチェックリストをツイートしました。

サイトマップは今後も使うので、重い腰をあげてやっていきましょう。

サイトマップの設置が終われば、Googleアドセンスに合格にグッと近づきますよ。

3分で読めるので、これからGoogleアドセンスの申請をする方は参考にしてみてください。

サイトマップ以外にも改善できる箇所があるかもしれない場合は『あなたのGoogleアドセンスはなぜ不承認?【チェックリストを公開します】』もチェックしてみて下さい。

【Googleアドセンス申請】2種類のサイトマップ設置しておこう

今回は、2種類のサイトマップを設置していきます。

設置するサイトマップは以下の2つ

・PS Auto Sitemap

・Google XML Sitemaps

PS Auto Sitemapは「ブログ訪問者用のサイトマップ」、Google XML Sitemapsは「グーグルロボット用のサイトマップ」として必要となります。

アナリティクスと、サーチコンソールの設定も後半で解説します。

それでは、やっていきましょう!

【PS Auto Sitemap】サイトマップを設置する

PS Auto Sitemap」は、ブログにどういう記事が書かれているか読者に分かるようにするプラグインです。

ことらのサイトマップは、ブログ全体の大きな目次だと思っておけばOKです!

WordPressの、固定ページに設置する方法を解説していきます。

PS Auto Sitemapの設置手順

PS Auto Sitemapの設置手順は以下のとおり。

設置手順

  • 「PS Auto Sitemap」をインストールする
  • 設定して、ショートコードをコピーしておく
  • サイトマップの固定ページを作りペーストする
  • ページIDを「PS Auto Sitemap」に追加する

画像で解説していきます。

①PS Auto Sitemapをインストールする

プラグイン → 新規追加」から移動して、検索窓に「PS Auto Sitemap」と入力します。

つぎに「インストールして有効」にします。

②設定してショートコードをコピーする

設定→PS Auto Sitemap」から進みます。

変更する箇所

  • ホームページ出力のチェックを外す
  • 固定ページリストの出力のチェックを外す
  • 先に出力するリストを固定ページに変更

上記を変更をして、ショーコードをコピーして「変更を保存」します。

スタイルの変更」はお好みで選べばおOKです。

「サイトマップを表示する記事」は固定ページのIDと同じ数字をあとで記入します。

③サイトマップの固定ページを作りペーストする

固定ページから「新規追加」またはサンプルページを編集して、作成していきましょう。

変更する箇所

  • タイトルを「サイトマップ」にする
  • パーマリンクを「sitemap」にする
  • テキストモードに変更する
  • 本文にショートコードをペーストする
  • 更新する

④ページIDをPS Auto Sitemapに追加する

固定ページ→固定ページ一覧」から、サイトマップのIDを確認します。

つぎに「PS Auto Sitemap」に移動します。

サイトマップを表示する記事」に、固定ページのIDを記入します。

変更を保存」をクリックします。

トップページから確認してみましょう。

固定ページに「サイトマップ」が、反映されていれば完了です。

PS Auto Sitemap」の設定方法は以上となります!

サイトマップの設定をする【Google XML Sitemaps編】

Google XML Sitemaps」は、Googleロボットがサイトを巡回しやすいように設置しておくプラグインです。

Googleロボットに記事を見つけてもらうことで検索結果に反映される仕組みなので、設定しておきましょう。

具体的に、以下の3つの設定します

・Google XML Sitemapsの設定

・Google Analyticsの設定

・Google Search Consoleの設定

グーグルアナリティクスは、アクセス解析のためのツールです。

サーチコンソール(通称サチコ)は、機能のひとつに検索エンジンにインデックス登録を促進させるツールがあります。

上記の3つを紐付けすることで、よりはやくGoogleロボットにブログ記事のお知らせができます。

Google XML Sitemapsの設定

プラグイン → 新規追加」から進みます。

【名称】2021年から「Google XML Sitemaps」から「XML Sitemaps」に名称が変わっています。

【検索】「Google XML Sitemaps」で検索すればOKです。

【作者】「Auctollo」を選択しましょう。

今すぐインストール → 有効」にします。

つぎに、「設定 → XML Sitemaps」で進みます。

設定は以下の画像を参考に、同じにしておけばOKです。

画像にない項目は、デフォルトのままでOKです。

SEO対策としても、設定しておくことをお勧めします。

Google XML Sitemaps」の設定は以上です!

GoogleAnalyticsの設定

GoogleAnalyticsのトップページにアクセスして「無料で設定」をクリックして進みます。

左下の「管理」から「データストリーム」をクリックして進みます。

画面右上に表示される「測定ID」はアフィンガーには使えませんが、「Cocoon」では使えます。

Cocoonの方は、「測定ID」をコピーしてワードプレスに戻りましょう。

Cocoonの場合の設定手順

  • Cocoon設置
  • アクセス解析・認証
  • Googleタグマネージャー設定
  • タグマネージャーID(測定IDをペースト)

AFFINGERの方以下に進みます

タグ設定手順」から、「グローバルサイトタグ」の欄をクリックして開きます。

開いたら、赤枠の部分のコードを右上のマークからコピーします。

ワードプレスに移動して「AFFINGER管理→その他→コードの出力」の順に進み、「headに出力するコード〜」にペーストします。

保存して完了です。

すこし難しく感じるかもしれませんが、実際には「測定IDのかわりに、コードを貼り付けただけ」のシンプルな作業ですよ。

Google SearchConsoleの設定

サーチコンソールの機能のひとつに、検索エンジンにインデックス登録を促進させるツールがあります。

インデックス登録をしておくことで、グーグルのロボットがサイトマップを確認しに来てくれやすくなります。

とはいっても、先にグーグルアナリティクスの設定が済んでいればサーチコンソールの設定は特にないのでご安心を!

PS Auto Sitemap」でつくったサイトマップを、インデックス登録していきましょう!

インデックス登録の手順

インデックス登録用に作成した、仮のサイトマップページで説明していきます。

パーマリンクをコピーして、Googleサーチコンソールに移動します。

URL検索」をクリックし、サイトマップのURLをペーストしてエンターキーを押します。

つぎに「URLがGoogleに登録されません」と表示されるので、「インデックス登録をリクエスト」をクリックします。

å

すこし待てば、インデックス登録のリクエストが完了します。

サイトマップのインデックス登録は以上です。

まとめ

今回は、2つのプラグインを使ってサイトマップの設定について解説しました。

特にアナリティクスやサーチコンソールはよく使うので、ブックマークしておくと良いですよ。

今回は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

-WordPress