書籍

英書の翻訳に困っていませんか?【Google翻訳とDeepLの2つを使って解決】


英書の翻訳したいけど、文字を打ち込むのも面倒だしなにか良い方法はないかな?へんな日本語に変換されるのも嫌だな。

 

このような疑問に答えます。

本記事の内容

・文章はGoogle翻訳でスキャンしよう

・翻訳はDeepLでしよう

・英書の翻訳に困っていませんか?【Google翻訳とDeepLの2つを使って解決】:まとめ

 

 

本記事の信頼性

ぼくの英語レベルは中学高校レベルですが、この方法で翻訳すれば対象が何であっても翻訳できると思います。

 

読みたい文章があるのであれば、今後は翻訳に困ることはないはず。

 

3分で読めるので、精度の高い翻訳をしたいかたは参考にしてみてください。

 

文章はGoogle翻訳でスキャンしよう


Google翻訳アプリに、スキャン機能があるのをご存知ですか?

 

スキャン機能は調べものをするときなど、とても使い勝手が良いです。

 

Google翻訳アプリのスキャンの手順は、以下のとおり。

 

①スマホでGoogle翻訳のアプリをインストール

②「英語⇄日本語」にきりかえて、カメラ入力をクリック

③英文をスキャンする

④英文の方をコピーする

 

順番に、進めていきましょう。



①Google翻訳のアプリをインストール

まずは、Google翻訳の「アプリ」をインストールしましょう。

 

②「英語⇄日本語」にきりかえて、カメラ入力をクリック

まず、「日本語⇄英語」から「英語⇄日本語」にきりかえる。

次に「カメラ入力」をクリックします。

 

③英文をスキャンする

画面下の「スキャン」をクリックし、文章をスキャン(撮影)します。

 

リアルタイムは、即時変換してくれます。

インポートは写真を翻訳してくれるので、こちらを使うのもいいですね。

 

④英文の方をコピーする

英文の方を、コピーします。長押しでコピーできます。

 

このままでも日本語に翻訳されていますが、おそらく精度が低いですよね。

DeepLで翻訳するために、スキャンされた英文をコピーしておきましょう。

 

 

翻訳はDeepLでしよう


まずは、DeepLにアクセスしましょう。

 

さきほど、コピーしておいた英文を「翻訳するにはテキストを入力してください。」にペーストして完了となります。

 

翻訳はDeepLで、質のいい翻訳をしてもらいましょう。

 

PC版もダウンロードおくと便利ですよ。
DeepLはこちらからダウンロードできます >>

 

DeepLは無料で使えるの?

DeepLは、基本的な機能は無料なので安心してつかえます。

 

ちなみに、有料版になると以下のようになります。

・翻訳テキストの入力文字数に制限なし
・文書ファイルを丸ごと翻訳
・もっと使えるカスタマイズ機能
・万全のセキュリティ対策

 

翻訳テキストの入力文字数に制限なし

大量のテキストも文字数を気にすることなく、好きなだけ翻訳できます。


文書ファイルを丸ごと翻訳

原文のフォーマットはそのままに、文書ファイルの言語部分を変換することで、時間を大幅に節約できます。

 

もっと使えるカスタマイズ機能

DeepL翻訳の訳文をカスタマイズして、自分だけの訳文を作ります。

 

万全のセキュリティ対策

世界最高水準のデータ保護基準のもと、テキストは翻訳完了後すぐに消去されます

 

DeepLは無料版でも十分すぎるのですが、有料版にすれば言うことなしですね。

 

まとめ


自分がどうしても読みたい本などは、意外と日本語版がなかったりしますよね。

 

ちょっと面倒ですが、この手順で翻訳していけば精度の高い情報にかわると思います。

 

ぼくもコーヒー屋という仕事柄、理解したい英文がたくさんありましたが、この組み合わせはかなり重宝しています。

 

翻訳に困ったら、無料なので試してみては。

今回は以上です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

-書籍