SEO

使用していない javascript の削除【プラグインで解決】

 

PageSpeed Insightsの『使用していない javascript の削除』を改善したいけど、どうしたらいいのかなぁ?

 

このような疑問にこたえます。

 

本記事では、PageSpeed Insightsでの「使用していないjavascripの削除 」の改善方法を解説します。

 

『Flying Scripts by WP Speed Matters』というプラグインをいれて簡単な設定をするだけで改善してくれます。

 

 

現在のモバイルのスコアは70〜90あたりが平均値ですね。パソコンのスコアに関しては100であることが多いです。

 

このプラグインを使えば、 javascriptを削除することなく安全に改善できますよ。

 

2分で読めるのでPageSpeed Insightsのスコアを上げておきたい方は参考にしてみてください!

 

「使用していないjavascriptの削除」を改善する方法

 

プラグインの『Flying Scripts by WP Speed Matters』を設定するとコードを消すことなく改善できます。

 

なぜなら、今まで読み込むのに負荷がかかっていたjavascriptを読み込まないようにすることができるからですね。

 

Flying Scriptsを使用する流れ

  1. インストールして有効化
  2. 使用していないjavascriptをコピー
  3. Flying Scriptsにペースト

 

これだけです。簡単ですよね!

 

では、設定していきましょう!

 

【プラグイン】「Flying Scripts by WP Speed Matters」の設定方法

 

「Flying Scripts by WP Speed Matters」と検索して【今すぐインストール】をクリックします。

 

 

【有効化】をクリックします。

 

有効化できたら以下の手順で進みます。

  1. プラグイン
  2. インストール済みプラグイン
  3. settings

 

 

上記の赤枠に、javascriptをコピーしていきます。

 

どこから持ってくるかというと...

 

 

赤枠の部分ですね。jsがjavascriptの略なので、...jsがついているのを探してメモやATOK Padなどに控えていきましょう!

 

 

上記のように、1行に1つのキーワードにしてペーストします。

 

「Save Changes」で保存すれば完了です。

 

最後に、PageSpeed Insightsでスコアを確認してみてくださいね!

 

今回は以上です。

-SEO